ファイルメーカーだけで出来る企業運営


企業を運営するには顧客情報や在庫管理など営業的な情報、従業員の給与情報や光熱費などの経費といった経営的な情報など多種に渡り、それらは書類やパソコンのデータとして保管されています。
しかし、それらの情報それぞれはバラバラで保管されることが多く、必要な際に検索したり集計するには手間と時間がかかり担当者の負担の一つとなっています。
そこで業務効率アップを目的に多種に渡る情報をデータベースで一元管理する体制が各企業で取られており、ファイルメーカーを始めとする多くのソフトウェアが導入されています。

データベースソフトウェアは保存したい情報を格納するだけでなく、その情報を入力する画面も自由に作成することができるため、企業独自の運営ルールにも柔軟に対応できます。
その中でもファイルメーカーは担当者それぞれのパソコンにインストールする必要が無く、一つのパソコンにインストールするだけで共有して利用することができます。
それにより情報が拡散することなく集約されるので担当者全員が同じ情報を基に活動することができます。
また、ファイルメーカーを一つ購入するだけでよいので、担当者各自のソフトウェアを購入するよりも大幅なコスト削減が期待できます。

その他、ファイルメーカーには登録した情報をDVDなど記憶媒体に書き出すことができます。
例えば大量の製品情報をDVDに保存することで営業担当者が外出先で即座に検索して商談したり、客先に配布するなど販売促進のツールとしても利用できます。
ファイルメーカー以外のシステムと連携したり通信する機能もあるため、自社他社問わず親和性が高いのも特徴の一つです。
経営面でも営業面でも活用できるファイルメーカーは中小企業から大手企業まで利用され、企業運営をサポートする心強いソフトウェアです。

 

 

ファイルメーカーは人気の高いデータ管理ソフト